塩水選~浸種 | 無農薬・減農薬のお米や玄米を産地直送 お米の通販【尾崎ファーム】

塩水選~浸種

5日 いよいよ育苗が本格的始動しました!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とうとう催芽機を購入しました。

温湯消毒、浸種、催芽までできる優れものです。

こんな機械でも25万縁します。

でもこれまでは風呂場で温湯消毒・催芽させていたので

それは卒業です。

SANYO DIGITAL CAMERA

 

これまでは風呂場を使用していましたが、

お風呂場での温湯消毒、催芽からは卒業です 😉

 

 

 塩水選から浸種までをハマカーン風漫才で説明すると、、、

種籾の気持ちになってみろ!!

秋に収穫され、冷暗所で寒い冬を乗り切り

春になり暖かくなってきたと思ったら

いきなり塩漬けにされながら

軽い種籾は除去され、

 いい種籾だけ残すというふるいにかけらる!!

選抜に残ったと思えば

いきなり10分間のお湯に浸される。

熱い温湯地獄後、

冷水に浸されその温度差50度!!

これぞゲスの極み!!

ハマカーンの漫才を見るたびに

これを有機農家バージョンでやったらおもろいやろな~

とついついネタを考えてしまいます、、、(^^ゞ

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは塩水選

比重の重い良い種籾を選別する作業です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ざるで丁寧に浮いた比重の軽い種籾を取り除きます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

選別終了後は 直ちに流水で塩分を取り除きます。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

始めて使用する機械なので 時間配分を間違えてしまった。

60度まで水温があがるまで 約4時間も必要でした。

段取り失敗、、、もう17時30分になってしまった。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

温湯消毒とは種籾を

60度のお湯に10分間つけます。

60度という一定温度と10分間がとても大切。

温度が高すぎたり 長すぎたりすると

芽が死んでしまうこともあり発芽してきません。

この機械のいいところは 60度を一定に保温され

しかも10分間というタイマーつき。

農薬を使えば浸種のときに農薬に浸すだけなので、

もちろん温湯消毒する必要もないので

手間もかからない、病気の心配もほとんどありません。

 

この機械は一回に種籾8kgまでしかできないので

8kg×14袋分しなくては、、、。

単純に21時までかかりそうです。

しかも夜は 息子と二人でお留守番、、、。

やばい、、、どうしよう、、、涙

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

温湯消毒後 すぐに流水で温度をさげます。

マニュアルでは5分間流水につけるですが

10分間流水につけました。(温湯消毒が10分なので作業効率を考えて)

 

さぁ これから14袋分の温湯消毒。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

軽トラでライトアップしての作業になってしまいました、、、(^^ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

息子とお留守番しながらの温湯消毒。

ということで季節はずれの花火をしました。

 

また今度お話しますが 辛いことというか

非常にショックなことがありました。

花火をしながら とことこん落ちるところまで

落ち込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページトップに戻る