クログワイの特性と雑草対策 | 有機JAS認定のお米や米菓子を産地直送 【福井の米農家 尾崎ファーム】

クログワイの特性と雑草対策

無農薬栽培の田んぼで悩まされる【クログワイ】の特性と対策

特性

●排水性が悪い田んぼに毎年有機肥料を入れていると発生しやすい。

●深さ17㌢~18㌢に種子が分布している。

●萌芽期間がながく、代かき後約25日目頃(積算温度400℃)に地下から芽が伸びてきて顔をだす。除草がとてもやっかい。

クログワイの種子

【対策】

●有機肥料の投入をやめる。

●秋にプラウ耕、ディスクロータリー耕をして、二山耕起して土を反転させて、冬にできるだけ田んぼを乾燥状態にして、クログワイの種子を枯死させる。

●1年大麦や大豆など畑作に転換させて、排水性をよくして、田んぼを1年間しっかり乾燥させる。

本日の一筆入魂の米袋

【雑草魂】

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページトップに戻る