有機稲作の抑草技術について | 有機JAS認定のお米や米菓子を産地直送 【福井の米農家 尾崎ファーム】

有機稲作の抑草技術について

鯖江市で開催された有機稲作における抑草技術について

勉強会に出席させていただきました!

とてもわかりやすく、

実践的でとても勉強になりました!

これまで間違ってたこと、

新たに取り組みたいこと、

それにしても、もう抑草技術はほぼ確立されてるのかなぁ??

もう有機稲作でも反収8俵は当たり前に成りそうです。その時代に乗り遅れないように頑張ります(^_^)v

 

韓国では国有機栽培に非常に力をいれているようです。

抑草技術研修会で勉強になったこと

●1㎡あたり雑草乾物重

7月1日:20g/㎡

8月1日:50g/㎡

であれば反収7俵~8俵は可能

●コナギは32度以上10日間で休眠する

●11月以降未熟な有機物を入れない

●冬期湛水前の耕起はできるだけ浅く

●3月に一度乾かす

●代かき2回する。

1回目は水を張って浮かせる、

2回目はひたひた水で練りこむ

1回目と2回目は2週間以上あけて

保温させできるだけ雑草を発芽させる

●2回目代かき後水を張って保温させて

3日後に水をぬかず保温した状態で田植え

田植えのマーカーが見えにくい。

●田植え後すぐに抑草のための完熟有機資材を表面施肥

(N/反 5kg以内)

●田植え後は水温を保つとともに深水管理すること

15cm以上の深水と水温30度の維持

深水管理して有効茎数が確保できない時は60株/坪 3本植えなど

田植えのときに工夫して有効茎数18本を目指す

 

●中干し

カエルの変態後2回にわけて強制落水し

ひびが入るまでしっかり中干しする

コナギが弱る

●人は土の化身

人間の必須元素は土の成分と海の成分から供給される

土作りが大切

 

 

 

 

 

 

 

本日の一筆入魂の米袋

【お米作りは永遠に不滅だ!!】

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページトップに戻る