第一回目のもみすり始まりました! | 無農薬・減農薬のお米や玄米を産地直送 お米の通販【尾崎ファーム】

第一回目のもみすり始まりました!

9月6日籾すりしました!!

9月6日と言えば、

昨年草野球で重度の肉離れをしてから1年です(ToT)
今では笑い話のネタですが、

あの事件がなければ、

独りぼっち農業のリスクに気づけなかったので、

いい経験といえば、

いい経験となりましたが(^-^;

初の籾すりなので、

やはり新しい機械を使うので、

段取りなどトラブルだらけでした。

乾燥した籾を貯蔵タンクに移動するとき、

タンクに入りきらず、

排出コンベア?につまったり、

、、

お借りしたときは、

乾燥機と籾すり機と計量機しかなかったので、

その他、お米の産直するために必要な機械を、

思いきって投資しました!!


籾粗選機約26万

これは、稲わらや雑草など軽いものを除去する機械です、


もみすり機→既存のお借りしている機械

これは、籾から玄米にする機械です。

古いですが、今のところ頑張って動いてくれています!


石抜き機→約54万

玄米で販売する場合には必需品です!


米選機(網目1.7mm)約38万

これは1.7mm以下の大きさのお米を取り除きます。

これに通さないと色彩選別機の処理が追いつきません。


色彩選別機とコンプレッサー→約320万

これは、虫食われや乳白や青米や異物を取り除く優れものです。

そして価格も!!

これがないと、無農薬栽培は難しいと思います。


計量機→これは既存のお借りしている機械です

網目は1.9mmで、それより小さいお米は取り除かれます。

、、

いよいよ大きな借金農業始まりました。

産直するためには必要投資です、

ジンベエが仲間に加わってくれたので、

こちらも覚悟を決めました。

作業受託で他の農家さんの乾燥籾すりをして、

受託料で少しは稼がないと、

ジンベエと力合わせて、

がんばります!!

、、

出来上がったお米の袋をパレットにのせますが、

途中障害物ありで、

とても大変ですが、

魚人は人間の10倍力があるので、

ジンベエが頑張ってくれてます(^-^;


籾がらは約40俵分入りました。


愛車がもみ、モミ、揉みだらけ、


籾殻の処理思ったより大変です(ToT)

約80俵の籾すりに約6時間かかりました。

先が思いやられる(ToT)

一通り経験できたので、

課題も見つかり、

二回目以降はもう少し要領よくいけるかな(^-^;

本日の一筆入魂の米袋

【チャンスの判断と実行力】

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページトップに戻る