天日干しの神秘 | 無農薬・減農薬のお米や玄米を産地直送 お米の通販【尾崎ファーム】

天日干しの神秘

天日干しって

やっぱすげえっす!!

なぜ渋柿が、干すと甘くなるのか??

調べてみました。

というか、

渋柿を干したら食べれるんちゃうか?

と発想して、

実践した第一人者がすげぇーっす!!

それを発見したとき、

どんな気持ちだったんでしょうか??

おそらく、勝手に想像してみました(^^ゞ

なんだこりゃ~!!
あんめぇー!

うんめぇー!

これで、

今まで渋くて食べれなかった柿が、

保存食になって、

冬場のおやつにもなるぞーー!!

そして栄養価豊富だ~~~

これはノーベル賞ものの大発見だぁーー!!


となったはず(笑)


【なぜ渋柿は干すと甘くなるのか?】

 

【 干し柿 】
渋柿が渋いのは、シブオールというタン ニンが含まれているからです。シブオールは水溶性のため、食べると唾液に溶けて渋く感じます。干し柿は、渋柿を干すことでタンニンが水溶性から不溶性になり渋く感じなくなります。また干すことで水分が抜けて糖度が高くなり、干し柿の甘味は、甘柿の約4倍にもなるのです。干し柿の表面にふいた白い粉は、糖が表面にしみ出たもので、たくさんふいているものほど甘いという目安になります。

 

 

【 栄養素 】
●β-カロテン
β-カロテンは強い抗酸化作用で老化の原因の活性酸素を除去します。また必要に応じて体内でビタミンAに代わり粘膜を強くし、カラダの抵抗力を高めて風邪予防や肌の乾燥を防ぐことにも役立ちます。
●クリプトキサンチン
脂肪合成の働きを抑える作用があり、メタボ対策にも有効です。抗酸化作用や強力な抗がん作用が期待されています。
●タンニン
血液中のアルコールを分解する働きがあり、血圧の上昇を抑える効果があります。
●食物繊維
水分が抜けることで食物繊維の含有率が高まります。便秘予防・改善に役立ち、コレステロールを吸収して排出してくれます。

 

 

 

本日の一筆入魂の米袋

【目指すは天日干しの頂天】

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページトップに戻る