催芽 | 無農薬・減農薬のお米や玄米を産地直送 お米の通販【尾崎ファーム】

催芽

4月16日 午前6時30分~催芽開始

脱亡→塩水選→温湯消毒→木酢液による殺菌→浸種→催芽→脱水→播種

いよいよ催芽です。

催芽とは芽を出すことです。

これまでの経験上 30℃のお湯に24時間以内浸種させればOK。

 

「用意するもの」

・催芽機

・おけ

・温度計

・お湯を 運ぶ20リットルタンク

・赤い稲わら帽子 ヒーロー帽または気合いの入るフィギュア

 

 

 

 15/04/16 06:20:05

「催芽機による催芽のポイント」

・30℃に設定し 温度計で30℃か確認すること

・8時間後・12時間後・16時間後に必ず確認すること

・催芽が終われば 直ちに取り出し冷水で冷やすこと

 

 

 

 

15/04/16 06:21:31

「タンクによる催芽のポイント」

・おけはできるだけ高さがあって余裕のあるおけを選ぶ

→理由はお湯は冷めてくると上面と下面の水温が違うため

・40℃のお湯を運んで入れる

→入れると35度まで下がるため

・天日干しの自家採種の種籾は発芽率とスピードが購入種子とは違うため

別々の容器に分ける方がよい。

・催芽機と違い酸素供給が 無く、温度も一定でないため

理想は4時間おきに上と下の種籾を入れ替えてやること

・天日干しの種籾は特に「要チェックやぁ~」

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページトップに戻る