• 2022/06/17 JAS有機の検査日

    有機JASの書類と現地検査がありました。

    無事に終わりました(^_^)v

    本日の一筆入魂の米袋

    【有機100%】

  • 2022/03/06 イネの有機栽培が拡がらない理由 その1

    イネの有機栽培が拡がらない理由 その1

    収量、品質が上がらないから

    ⚫イネには不要と思われていた石灰や苦土を施さないから

    ⚫赤い根のイネでは養分を十分吸収できない、ということに気づかなかったこと(白い根の良さを知らず、白い根にする術を知らなかったから)

    ⚫有機肥料は水に溶けるようになってからはじめてイネに吸収、利用されるということを忘れていたこと

    本日の一筆入魂の米袋

    【あきらめる有機】

  • 2022/03/05 ミネラルの働き

    有機栽培のイネ作りの特徴として

    ミネラルの働きがあります。

    主なミネラルの働き

    ⚫石灰(Ca)

    酸性を弱めて白い根をつくる

    土中に根を伸ばせるように細胞膜を強化

    ⚫ケイ酸(Si)

    体の表面をガラスコーティングしたり、繊維を強化して病害虫から身を守る

    ⚫苦土(Mg)

    光合成をおこなう葉緑素の働きを助ける

    本日の一筆入魂のハガキ

    【目標に向かって努力せよ】

  • 2022/03/04 有機栽培が目指すイネの【白い根】

    イネの根は白い根と赤い根に分けられて

    有機栽培のイネは、白い根を目指します、

    ⚫赤い根

    長所 硫化水素から根を守る

    短所 養水分の吸収が抑制される

    ⚫白い根

    長所 養水分の吸収に優れている。根まわりに有用微生物が増殖している

    短所 硫化水素から身をまもることができない

    白い根の短所を守る三つの手立て

    ①ワラなど有機物をできるだけ分解しておく

    ②鉄が過剰に溶け出さないように土の酸性を弱める

    ③イネを害することのない肥料を使う

    この内容がいイネと思った方は

    イイ根ボタンクリックお願いします(^_^)v

    本日の一筆入魂の己書

    【のんびりゆったりのほほんとね】

  • 2022/02/23 水稲有機栽培の除草のポイント

    初期生育を安定にすること

    初期生育が安定すれば

    雑草リスクが大幅に軽減される。

    →初期生育を安定させるためには、土壌を強還元状態(酸欠状態)にしないこと

    →秋起こし前に堆肥など散布

    →秋起こしを11月15日までに終わらせる

    →健全な苗づくり

    →田植え時期をやや遅くする

    本日の一筆入魂の米袋

    【雑草魂】